草野球チームの代表であり整骨院の経営者でもあるかべやがおすすめする寝具とは!?

かべやです。

睡眠はめちゃくちゃ大事です!!

スポーツをすると、体は損傷します。

特にピッチャーは1球ごとに肩関節に100キロの負荷がかかるんだとか。

肩だけではなく、投球動作というのは体にすごーーーくストレスをかけるんです。

なので、怪我をしないように野球を長く楽しむにはストレッチや整体などのケア、食事面での栄養管理は欠かせません。

でも、一つ、忘れられがちなことがあります。

睡眠です。

損傷された組織は、睡眠中に修復されていきます。

しっかり寝れていなければ、修復もされにくいということです。

 

時間帯と睡眠の深さ

ただ寝てればいいってわけでもありません。

  • 寝ている時間帯
  • 睡眠の深さ

がポイントです。

特に、

深夜1:00〜2:00の間に熟睡していること

が大事です。

この間に、人間は傷ついた組織を修復させるんです。

  • 眠りが浅い
  • 夜勤などの不規則な生活
  • 寝具が悪い

などの理由があると、体にガタが来てもおかしくないですね。。。

あ、ちなみに、勘違いしている人が多いですが、睡眠導入剤などによる睡眠は睡眠ではありません。

あれは、気絶しているだけです。

脳波的には、酔っ払いが倒れ込んでいるのとなんら変わりません。

全然寝れない!なんて人は、無理して寝なくていいです。

目をつぶって、呼吸を整えるだけで脳は休まりますから、くれぐれも薬は使わないように。

 

理想の寝具は?

整骨院を経営していると、寝具についてよく聞かれます。

「どんな寝具で寝ればいいの?」

と聞かれた時に、大事なポイントとしてお話しするのは2つです。

  • 硬さ
  • 枕の高さ

です。

硬さ

一昔前に低反発の寝具が流行りました。

低反発の寝具に寝てみると、沈み込んで体の形にフィットする感触がなんとも気持ちいいです。

しかし、低反発寝具が世の中に広まってくにつれて、問題が発生しましました。

肩こり、腰痛を抱える人が多発したのです!

なぜ、腰痛や肩こりが多発したんでしょう?

気持ちいいいのに…。

それは、寝返りに原因があります。

寝返りというのは、

「そろそろ体動かさないと、血行が悪いぞ〜、動け〜」

という風に脳から指令が出て、無意識に行われます。

ところが、低反発寝具で沈み込んでいると、

「あれ!?寝返りできない!動け!おい!動けよー!」

という風に寝返りの邪魔をしてしまうわけです。

寝返りができずに血行が悪くなってしまい、さらには脳に与えるストレスで体はどんどんこわばっていきます。

朝起きても「なんかだるいな…」となってしまうわけです。

そんなことを続けていれば、肩こりや腰痛が出るのも無理がありませんね。

高反発の寝具を使用することをおすすめします。

枕の高さは?

これもよくお伝えすることです。

首の形状によって少し違うのですが、ストレートネックはご存知でしょうか?

首の後ろ側を触ってみてください。

真ん中あたりが凹んでいれば、大丈夫です。

背中から頭にかけて、まっすぐだったり、後ろに出ていたりするとストレートネックです。

引用:http://health-meister.com/post-159/

本来、首は前にカーブしているのが正常です。

ストレートネックは、それだけで首コリや肩こりの原因になります。

ストレートネックの人は、まずはバスタオルをくるくる巻きにして筒状にしたものを首に当てて寝るといいでしょう。

引用:http://home.kingsoft.jp/news/life/deepmuscle/10188.html

これを、首の下ですよ。

頭じゃないですよ。

少し顎が上がるような感じでちょうどいいので、首を前側にカーブさせてあげましょう。

寝づらい場合は、寝るまででもいいのでやってください。

 

ストレートネックじゃない人は、畳んだバスタオルを畳んでいって、高さを調整します。

こればっかりは、人によります。

1つだけ言えるのは、低めがいいです。

高いと、間違いなく肩こります。

枕を買う場合は、高さ調整のできる枕にしてください。

オススメの寝具は?

  • 高反発
  • 高さ調整ができる
  • ストレートネックの改善が見込める
  • 寝返りがしやすい

ということを加味すると、この寝具がおすすめです。

↓枕


↓マットレス


探せば他にもあるかもしれませんが、中日ファンでドラゴンズブルーの血が流れている僕は迷わずこのマットレスにしました。(笑)

さすが山本昌!実際に使ってみても、とっても快適です。

もしかすると、体が悪すぎる人はいきなり高反発にすると最初だけしんどいかもしれませんね。

姿勢は急には良くならないので、コツコツ続けていきましょう。

うちでは「姿勢を良くするのには3ヶ月かかります」といっていますが、今までの人生をかけて作り上げてきた姿勢を3ヶ月で変えられれば大成功です。

人によってはもっとかかります。

 

ベッドで寝ている人は、多くはスプリング式のマットレスを使っていると思われます。

これは真ん中に向かって沈み込んでしまうので、よくないです。

マットレスはいいものを選びたいですが、いくらローンやリボ払いを使っても10万円を超えるような買い物は厳しいですよね。。。

しかもそれで気に入らなかったら泣くに泣けません。

 

人生の大半はベッドの上で過ごすと言われていますから、仕事や野球で本領を発揮するためにも睡眠は大事にしたいですね。

また、オススメのものがあれば紹介します(^^)