代表者や監督は承認欲求を捨てよ!【草野球チームの作り方】

カベヤです。

草野球チームを作ったり、監督をしている人は承認欲求を捨てましょう!

かれこれ7年間ほど草野球チームを運営してきまして、辞めちゃった人や入部希望で断った人なんかも入れると、ざっと300人以上は関わってきたんじゃねえかなと思います。(浅くも深くも)

本当にいろんな人がいて、「まじかよ、こんな人もいるんだ・・・」なんてことも度々あったので、いろいろと勉強させてもらいました。

その中で気づいたことの1つは、

人の上に立つ人は承認欲求を捨てないとダメ!

ってことです。(自戒を込めて)

何を隠そう僕は以前、承認欲求の塊でした。

僕が名古屋に来て間も無い頃は、友達も職場関係の方しかいなく、流石に週末とかまでは遊んでもらえなかったのでヒマを持て余してしまい、
週末になると一人で街をお散歩するという日々を送っていました。

その当時はFacebookの利用が活発で、週末になると地元の友達などの投稿が流れて来ました。
みんなこぞってどこかしらに遊びに行っていて、本当に楽しそうな写真ばかり。
キラキラ輝いて見えて、青春を謳歌している姿は正直うらやましかったです。

「俺も友達いっぱい作って週末を充実させたい!」

と思い、ちょうど「野球やりたいなー」と思っていたこともあって草野球を始めることにしました。
色々あって(別記事参照)、結局自分でチームを作ることにしたのですが、今思えば当時は

「俺のチームだぞ、俺が作ったんだぞ、すごいだろ」

みたいな気持ちがあったように思います。

承認欲求が高いと何がいけないのか?

別に、承認欲求なんて誰にでもあるじゃないすか。
大なり小なり。
それがどういけないのかってことになります。

承認欲求が高い人がコミュニティの運営責任者としてよくない理由は

・他人からどう思われるかが行動基準になる
・他の意見を受け入れられない
・結局、報われることはない

ということですね。

他人からどう思われるかが行動基準になる

承認欲求って、要するに
「他人に認められたい」ってことです。

それが第一になってしまうと、
・本当はやりたくないことでも感謝されたくて無理したり
・メンバーの気持ちを考えず、より自分がすごく見えるような運営をしたり
するようになりがちです。

酷い場合には

「俺はこれだけやったのにお前らはどうなんだ!」

と言い出します。
「もっと手伝ったらどうなんだ」
「もっと感謝したらどうなんだ」
「俺はすごいだろ、もっと尊敬されるべきだ」

と暴走しちゃうわけですね。

他人の意見を受け入れられない

「俺はすごいだろ」モードになっているときは、満たされていないので他人の意見を聞く余裕がありません。
(僕はこれ結構あります笑)

もちろん、心無い批判や意味のない意見もあったりはしますが、中にはチームにとって有益な意見もあります。

「いや、俺が一番このチームに対して頑張っているんだから俺が正しい」

となってしまうと、もしも考え方が間違っていた時にはチームは空中分解してしまうかもしれません。
ずべての意見を採用する必要は全くありませんが、せっかくチームについて考えてくれたなら、
「なるほどね、〇〇はそう思ったんだね〜」
と一度受け入れてあげるくらいの余裕を持って接したいものですね。
な、過去の俺よ。

結局、報われない

これなんですよ。結局。

承認欲求メインで行動してしまうと、どれだけ
「すごいですね!」
「いつもありがとうございます!」
「尊敬してます!」
と言われても、結局は本当に満たされることはないんですよ。

食事と同じです。

少し食べれば食欲は満たされますが、時間が経てばまたお腹は減りますよね。

僕は気づくのに少しばかり時間がかかってしまいましたが、承認欲求って終わりがないし、完全に満たされることなんてないんすよ。

承認欲求なんかさっさと捨てちまえ

「俺すげえだろ」
「俺すげえ大変だろ」
「俺頑張ってるだろ」
という感情なんて、さっさと捨てちまうのが吉です。

相手のリアクションによってあなたの活動の価値が決まるなんてのはもったいないです。

『草野球をやりたい人たち』がいて、その人たちに草野球ができる環境を与えられる運営者のあなたがいる。

すごーーーく、素晴らしいことだと思います。

感謝の言葉や尊敬の言葉やチヤホヤがなくても、素晴らしいじゃないですか。

他人のために行動ができて、さらには見返りを求めない。

そんな人ってめちゃくちゃかっこよくないですか?

めちゃくちゃ成熟した大人だと思いませんか?

自分を犠牲にすることはしてはいけませんが、誰かの役に立つということは本来とても尊いことです。

世の中で成功を収めている一流のリーダー達は、「社会貢献欲」を持っていると言われています。

何処かの国で災害があったりすると、多額の寄付を収めたりする人たちですね。

ホームラン1本で〇〇に10万円寄付するってプロ野球選手もそうかもしれません。

自分が満たされていない人たちはそれを見て
「偽善だ!」
「何か裏があるに違いない!」

と騒ぎ立てますが、彼らは本当に善意でやっています。
見返りを求めずに。
(中には違う人もいるだろうけど)

あなたの周りにも、
「なんかこいつ大人だなあ」
とか
「成熟した考え方してるなあ」
って人いると思うんですが、

他人への貢献が、他人を幸せにすることが、自分の幸せに繋がる

という人たちなんですよね。

他人の評価に惑わされず、「どうしたらみんなが楽しくなるかなあ」と考えて行動できる人、これがリーダーに必要な素養だと思います。

野球なら、みんなが出れるように自分がベンチに下がったりするでしょう。

飲み会なら、つまんなそうな人の隣に行くべきでしょう。

それに対して、見返りを求めてはいけません。

気持ちは痛いほどわかるし、僕もそういう時はあります。
しかし、それは少し子供っぽい考え方です。

他者に貢献することを自分の幸せとすると、本当にいろんなことがうまくいきます。

これはビジネスにおいても大切なことですし、きっと恋愛においても大切なことでしょう。

安心して、みんなそうだから(笑)

「俺って承認欲求強いな、ダメだなあ」

って思いませんでしたか?
僕は自分で記事書いてて思いました。(笑)

でも、今までいろんなメンバーと接してきて思いますが、ほとんどそうですよ。

本当に、みんな承認欲求と戦っているなと思います。
僕を含めて。

そんな中でも、たまに成熟した人が現れるわけです。

そういう人を見て、「この人は大人だな、しかもいろんなことがうまくいって、ストレスが少なそうだな」と気付かされます。

なので、人の上に立つ人はこういう人であるべきです。

その人を見て「自分もそうなろう」と思ってもらえれば最高です。

リーダーが変わらなきゃ組織は絶対に変わりません。

少しずつで大丈夫なので、一緒に変わっていきましょう!

大丈夫、僕もだいぶ変わりました(笑)

それでは。